トップ

テープ起こしを格安に抑える

テープ起こしの料金相場とは

テープ起こしの料金について

会議や講演、セミナーの内容を文字に起こしてもらうため「テープ起こし」業者に仕事を依頼するという機会があります。さらに企業のグローバル化に伴い、英語や外国語で行われた会議、講演、セミナーの内容を翻訳して日本語でテープ起こしを依頼するという機会もあります。テープ起こしおすすめの業者はこちらのサイトを参考にして下さい。

通常の依頼の場合でも、テープ起こしの料金相場を把握しておくことは数ある専門業者の中から賢く良い業者を選び時の基準になります。ではどのような方法で業者は値段を設定しているのでしょうか?その料金相場はいくらくらいでしょうか?

大きく分けて二つの方法で値段は設定されています。一つは録音時間数による値段設定。もう一つは文字数による値段設定です。

テープ起こしの時間による値段設定では、1分間200円程度が相場なので、1時間60分のテープ起こしでは12,000円ですが、それに読みやすい文章に整える、話し言葉を書き言葉に変えるなどのオプションが追加されるなら、1時間の録音テープで、会社による納期の違いを加味して、だいたい15,000円から20,000円が料金相場になります。

文字数による値段設定は1文字1円が料金相場です。1時間のスピーチで「あの~」「ええっと~」などの余分な言葉を省くと平均10,000文字以上、早口だと15,000文字程度話すと言われています。

さらに録音部分に無音の時間がいくらかあるデータのテープ起こしを依頼するなら、録音時間で値段を決めている業者よりも、文字数で値段を決めている業者の方が場合によっては割安かもしれません。

テープ起こし業者は、録音時間で料金を設定している会社と、文字数で料金を設定している会社があります。依頼しようと思う録音データの内容や、仕上がりをどのようにしてもらうかを考慮して、どちらの業者に依頼できるかを考えることができるでしょう。