インプラントのブラッシングケア

インプラント手術の直後は、歯茎と義歯の境目が傷つきやすいため、電動歯ブラシの使用はできません。口腔内に外科的な処置を行った後は、毛先の柔らかい歯ブラシで静かにブラッシングするようにします。一般的に、歯茎の腫れが治まるまでに、およそ2週間前後かかります。その後、インプラント治療が完了したら、通常の歯のように歯磨きが行えます。電動歯ブラシは手軽に歯のクリーニングが行えるので、口コミでも高い評価が多いです。特にメンテナンスの時期に、丁寧にオーラルケアをすることで、インプラントを長く使うことが可能になります。また、電動歯ブラシの仲間に音波歯ブラシがありますが、口コミではこちらも使い心地が良いと喜ばれています。音波タイプは、優しく毛先が振動して、飲み物によるステインも落とすことができます。インプラントに歯ブラシの毛先が触れていなくても、音波の力で約3mm先まで汚れを落とせます。そのため歯の表面を傷つける心配がありません。使う時の注意点として、唾液などが飛びやすいため、慣れるまでは注意が必要です。その他、超音波歯ブラシもインプラントのケアに有効です。超音波の振動でプラークを剥がすため、歯周病の予防にもなります。このタイプも、口コミで好評の歯ブラシです。

インプラントの基本情報

新着情報

↑PAGE TOP